参加者の声

参加者の声
‘‘10夏【エグゼクティブ・第四章】
〜伝える・伝わる文章の基本&ビジネスメール入門〜

 


【エグゼクティブ第四章】〜伝える・伝わる文章の基本&ビジネスメール入門〜の5回があっという間で、本当に楽しかったです。斎藤先生の講座で文章を書くということの深み、可能性を学び、渡辺先生の講座で自分がどのようにいつも書いているか、実際の添削もあってよく判りました。自分の中で「又一歩進んだな」と思えるような充実した内容で、参加して本当に良かったと思います。ありがとうございました。
(熊谷さん 38歳 会社員)

 

今回の授業に参加し、一番感じたことは「年齢や職業でメール文化が違う」ということです。長年の秘書勤務で、ビジネスメールのひな型が固定化しているせいか、カジュアルな文章を受信すると「???」と思っておりました。しかしながら、メールの表現にとらわれることなく、送信者の方の気持ちを汲み取らなければいけない、と痛感しました。また、ディスカッション形式の授業は、大変面白かったです。いろんな方のメールを拝見できる機会はあまりないので、添削授業も参考になりました。
(H・Mさん 40歳 行政書士)

 

人間を形成する上で、文章や言葉が如何に大切であり、どこまでも奥深いものであるか。と同時に、伝わる文章作成や、言葉で伝えるには、豊かな発想力と想像力が不可欠であることを知り、改めて感動致しました。シェリロゼ様の授業内容が“線や立体”でとらえたものであり、今までの関連付けられた勉強方法に脅威を感じました。
(M・Tさん 54歳)

 

文章にじっくり向かい合う時間を持てたこと自体が、貴重だと感じています。とくに仕事では、機械的にメールを送信する傾向にありましたが、事務連絡であれ、短い文章であれ、相手を思いやり、自分らしさを込めたものにできることが分かって、メールに対する心構えが変わりました。
(Y・Hさん 35歳 団体職員)

 

渡辺先生のクラスでは、自由に活発に意見交換ができる雰囲気があったので、恥ずかしがらずに質問ができました。すぐに疑問を解決していただけたので、すっきりして次のことに集中することができました。斎藤先生からは、出版業界という未知の世界での興味深いお話をうかがうと共に、文章を書くということについて「編集のプロ」というお立場からの大変貴重な教えをいただきました。渡辺先生からは、実際の仕事や生活における文章を、自分の気持ちをのせながらTPOをわきまえたものに仕上げるためのエッセンスについて、実例を通して教えていただいたことで、一つ一つ実感しながら確実に身に付けることができました。
(木村さん 41歳)

 

とてもよかったです! 最初に文章の書き方の基本を学び、その後ビジネスメールの書き方を学ぶという構成、実際に文章を書いたり、疑問に思っているメールを教材に教えてもらったり、すぐに活かせることばかりで、早速役立っています。ありがとうございました。
(M・Mさん 38歳 公務員)



PAGE TOP