働く女性のモチベーション&売上アップの人材教育・社員研修ならシェリロゼ

コラム

井垣利英コラム
カテゴリー

子供達に正しい年中行事を受け継いでいける事への感謝の気持ちでいっぱい

シェリロゼのスタッフ蓮見です。

引き続き、安田さんのお手紙の後半をご紹介いたします。

 

(安田さんお手紙前半「さじ加減」が難しい人付き合いのマナーを教えていただき、スッキリ理解した←コチラをクリック)

安田さんは、毎回お子様と一緒に年中行事の飾りつけをされています。年中行事を通して育まれる、ご家族とのあたたかい時間を感じてみてくださいね。

『年中行事のお月見はポピュラーな行事ですが、その本来の意味を全く知らずに行っていたため、今回も目から鱗の連続でした。

これまで、あたかも「秋のお花見」のようにススキとお団子を用意して、十五夜のみの「片身月」で行っておりました。

 

 

今回、講座でその歴史や正しい意味を教えて頂けて、
「命を繋いできた収穫への感謝をする神聖な儀式」として
ご先祖様に感謝できる機会がまた一つ増えました。

 

 

そして子供達に正しい年中行事を受け継いでいける事への感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。

 

我が家では主人のご両親をお招きして、各人の誕生日と年中行事をテーマに食事会を行っております。

 

 

今の主人を育ててくれたことに対するご両親への感謝を表し、孫たちと楽しい時間を過ごして頂くために始めましたが、この食事会も年中行事を学んだお陰で飛躍的にレベルアップしました。

飾り付けや食事内容が年中行事を反映したものにランクアップするにつれ、会話の内容まで変わり、栃木県の優れた工芸品の話や県内の高山に咲く珍しい花へと格段にレベルがあがりました。

おもてなし次第でここまで良い方向に変わることに驚いております。

 

 

主人のご家族とも以前より心が通うようになったと感じられるようになったのも【マナー美人塾】のお陰と感謝しております。

今月は美味しく楽しい行事でもありますので、子供達とお団子作りなどを楽しみながら過ごしたいと思います。」

 

 

 

安田さん、ありがとうございました。

 

五穀豊穣を願い収穫に感謝をする。そして命に感謝する年中行事には、古くから日本人が大切にしてきた「心」と「知恵」がこめられています。

 

今年は例年にない台風や地震などの災害に見舞われましたが、このような時こそ、日本人が古来から持っている心を表現し、人と人を繋ぐ年中行事を大切にしたいと心から思いました。

 

大切に伝えていきましょうね。

おすすめ研修

「研修を受けさせたいけど、数名しか対象者がいない」 「1人だけでも、やる気を高め、マナーを身につけさせたい」 「少ない女性社員を教育してくれる場所を探している」





研修のご相談や内容についてのお問い合わせはこちらから
株式会社シェリロゼ
受付時間:午前9時~午後6時(土曜・日曜・祝日、年末年始を除く)