働く女性のモチベーション&売上アップの人材教育・社員研修ならシェリロゼ

コラム

井垣利英コラム
カテゴリー

できているところに目を向け、どう支援していくか考えていきたい

シェリロゼのスタッフ蓮見です。

先日、福祉関連会社・F様で井垣が【エグゼクティブ】研修を行いました。
参加された受講生のM様から、研修の課題図書である、『仕事の神様が”ひいき”したくなる人の法則』の感想文レポートが届きました。

 

 

Mさんの感想文を読んだとき、感動して涙が出ました。

 

人間誰でも平等に年をとります。Mさんのように温かい気持ちでご高齢者の方を見てあげることができたら、ご本人も家族も、本当に幸せです。

 

 

ぜひ最後までお読みくださいね。

 

 

「仕事の神様が”ひいき”したくなる人の法則」を読んで
「第3章 見方が変わると行動がかわる」

 

「悪いところを見よう」でなく「いいところを見よう」
 
できない理由を探すのでなくできる方法をみつけること。

高齢者の方は、だんだんとできていたことができなくなってきます。できなくなったことに目がいきがちです。

 

認知症の方の介護で、トイレでないところで排泄された時、「こんなところでしちゃって。ここはトイレではないです。」と言うより「お小水が出て良かったね。」と言える。

 

 

車椅子から立ち上がる、危ないから座ってもらうでなく立ち上がれることに「良かったね、自分で立つことができて。」と言える。
いいところ、できているところに目がいき、その上でどう支援していくかを考えていける施設にしていきたい。

 

それにはまず自分がプラスの考えでプラスの言葉で利用者、職員に接していこうと思います。
そして思っているだけの自分でなく行動する自分になっていきたい。

 

研修で教えていただいたこと、本に書かれていることを一つ一つ今から実行して自分を成長させていこうと思いました。』

Mさん、ありがとうございました。
私の祖母も90歳を越え、昔のように早く歩けなくなってきています。特に身内ですと元気な頃を知っている分、出来なくなってしまったことに目が行きがちです。

 

ですが、Mさんのように、できることに目を向けらることができたら、本人も、私たちも温かい心で満たされると思います。
毎日が、確実にプラスの方向に変わっていきますね。

 

井垣利英・著『仕事の神様が”ひいき”したくなる人の法則』(致知出版社)

おすすめ研修

業種・ポジションに関係なく、最もご依頼の多い研修が【モチベーションアップ研修】です。





研修のご相談や内容についてのお問い合わせはこちらから
株式会社シェリロゼ
受付時間:午前9時~午後6時(土曜・日曜・祝日、年末年始を除く)