働く女性のモチベーション&売上アップの人材教育・社員研修ならシェリロゼ

コラム

井垣利英コラム
カテゴリー

『ファッションショーのマナー』初心者向けショーの楽しみ方 ~ブティック内でのショー、写真撮影のマナー~

女性向け研修会社(株)シェリロゼ代表で、人材教育家、メンタルトレーナー、マナー講師の井垣利英です。

前回の『ファッションショーのマナー』初心者向けショーの楽しみ方 ~スーパーモデル、東京コレクションのマナー~」に続いて、今回は「『ファッションショーのマナー』初心者向けショーの楽しみ方 ~ブティック内でのショー、写真撮影のマナー~」について書きます。ファッション業界ではない、人材教育家でマナー講師の立場から、私が気をつけていること、楽しむマナー、写真撮影のポイントを紹介します。

1.そのブランドの服やアクセサリーなどを身につけて行くの?

東京コレクションのように、大きな会場で行うファッションショーとは違って、それぞれのブランドのブティックの中で行われるショーもあります。

この写真は、10年ほど前、世界的ブランドのHermes(エルメス)と女性誌『25ans(ヴァンサンカン)』がコラボしたファッションショーに、友人のお誘いで行ったときのもの。銀座にあるHERMESのブティックで開催されました。

この日は、特に招待客は「どこかにHERMESの商品をつけてくる」ことが、ドレスコードで決められていました。洋服、バッグ、スカーフ、時計・・・どれか1つでも身につけて行くことでした。

通常のファッションショーは、そのブランドの顧客が招待されることが多いため、商品を持っていないはずがないので、当たり前と言えば当たり前ですが。でもこの日のように、ドレスコードで決められていることはかなりマレです。基本的に、何を着ていくのかは自由です。

2.オシャレな人から素敵なオシャレを学べる

ファッションショーに行く楽しみは、オシャレな招待客たちがたくさん見られることもあります。彼女は『25ans(ヴァンサンカン)』の読者モデルで、ショー当日、腕をけがしていたのです。そこで、HERMESのスカーフを三角巾代わりにしていました。オシャレでしょ? こんなオシャレを学べるのも、オシャレな人が集まる場所だからこそ。

10年ほど前、HERMESのショーで私が撮影したのが、こちらの写真です。カメラ小僧の私ですが、当時まだファッションショーの撮影はポイントがつかめておらず・・・何事も、つねに改良改善! カメラの腕も、成長を続けております。

3.ショーの写真を上手く撮るコツ・・・基本は、モデルが立ち止まる瞬間を激写する

こちらは『JUNKO KOSHINO 2018秋冬コレクション』の時、私が撮った写真です。おかげさまで、少しずつファッションショーの写真を撮るポイントがつかめてきました。先ほど紹介した10年ほど前のHERMESのショーから、進歩を感じますよね?

せっかくファッションショーに行くんだったら、きれいな写真を撮っておいた方が良いですよね~。そこで、素人のカメラ小僧である私が、ショーの撮影で意識している写真を上手く撮る3つのコツを紹介します。使うカメラは、やはりデジカメです。スマホでもキレイに撮れますが、デジカメの方が圧倒的に美しいです。素人の腕だけでは、限界があるので。

キレイに撮る基本は、モデルさんが立ち止まる瞬間を激写することです。歩いている時や、ターンする時は、ピンボケしたり、洋服や美脚がキレイに撮れなかったりします。

4.ショーの写真を上手く撮るコツ・・・(1)ステージの上でポーズを取る瞬間を激写する

ステージの中央にある階段から、モデルさんたちが客席に美しいウォーキングで降りてきます。客席を洋服やアクセサリーなどを見せながらぐる~っと歩いた後、またステージへ戻っていきます。

戻ったステージの上で、最後にこのようにポーズを取って、数分、洋服を見せてくれます。ステージの上なので全身をしっかり見られて、動きも少ないためキレイな写真が撮れるチャンスです。

5.ショーの写真を上手く撮るコツ・・・(2)VIP席の前で、立ち止まってポーズを取る瞬間を激写する

ブティック内でのショーの場合、観客席はU字に設置されていることが多いです。その中央には、VIP顧客やセレブと言われる有名人、ファッション業界に影響力のある人などが座っています。

その中央の席(正面突き当り)の前で、モデルさんたちが立ち止まってポーズを取ります。当然このVIP席に座れば、良い写真が撮れます。その前に、そのブランドでたくさんの買い物をするか、世の中に認められるセレブにならなきゃ!(笑)

モデルさんたちは、VIP客の前でポーズを取った後、またステージへ戻ります。そのため、VIP席の前でターンをするのです。その瞬間を激写したのが上の写真。ターンをした次の瞬間をとらえると、こんな感じで良い写真が撮れます。

6.ショーの写真を上手く撮るコツ・・・(3)コートを脱ぐ瞬間を激写する

秋冬のショーの場合、このようにコートを着て出てくることがあります。ランウェイ(客席の中のモデルが通る花道)を歩いている途中で、コートを脱ぎます。コートの中に着ている服を見せるために。

コートを脱いだら、このように立ち止まってポーズを取ることがあります。そこを狙うと、こんな感じで上手く激写できます。ファッションショーに行く機会があったら、ぜひ、試してみてくださいね。

おすすめ研修

接待は、重要な商談の場です。意外と見られている、今さら聞けないマナーを身につける研修が【接待マナー&基本テーブルマナー】です。





研修のご相談や内容についてのお問い合わせはこちらから
株式会社シェリロゼ
受付時間:午前9時~午後6時(土曜・日曜・祝日、年末年始を除く)