参加者の声

参加者の声
2018年7月スタート 東京【マナー美人塾】(秋・冬)

 


【マナー美人塾】に参加してみて、日常やビジネスシーンでのマナーでは、わかっていなかったことやできていなかったことが多いことに気付け、今回教えていただけてとても良かったです。
マナーは「形」ではなく「心」。どれだけ相手のことを考えられるかが大切だということを教えていただきました。

年中行事については、それぞれの年中行事はつながっていることを教えていただき、壮大さに驚きながら学ばせていただきました。ご先祖様たちが大切にしてこられた神様や自然に対し感謝の気持ちを形にする行事は、心を豊かにするものであり、自分もこれから大切に続けていきたいと思いました。

毎月、年中行事を行うことで、メリハリができること、丁寧に日々を送ることを教えていただいたと感じました。年中行事もマナーも、その中心には感謝の気持ちがあることを教えていただき、「感謝する気持ち」を大切にすることを意識していました。

実際に家で飾り付けをするということを通して、自然に感謝する機会が増え、その都度、元気になる感覚を感じるようになりました。受講生の皆さんと行っているというのも励みになりました。
マナーについては、形の中に込められた「心」についても教えていただき、相手を思いやる気持ちにあふれたマナーの魅力を今回も実感しました。
(室井さん 48歳 団体職員)

 

『前回の【マナー美人塾】(春・夏)に参加して、日本文化の奥深さに触れ、日常生活を生き生きと暮らし、身の周りや人間関係、衣食住の恵を感謝して今の時代を生きることをしたいと思い、【マナー美人塾】(秋・冬)も参加しました。

秋冬の年中行事は、知らないことだらけでした。回を重ねるごとに行事は単なる祭りごとではなく、一年を通じて毎月行われることが全てつながって意味を成していることを知り、「なんて素晴らしいのだろう」と思いました。一通り習った今、この先も続けて周りの人へも伝えていきたいと思います。

マナーを理解しているわけではないですが、「周りの人も同じだし、自分が特段失礼な作法をしているわけではないから大丈夫だろう」と甘く考えていました。【マナー美人塾】受講後は、正しいマナーを知っていることは自信を持って相手への礼を払い、感謝を伝えることができることだとわかりました。相手が気付いても気付かなくても、誰が見ても「何か素敵な女性だな」と思われるようにしたいと思います。
(会田さん 会社員)

 

【マナー美人塾】(春・夏)を受講し、年中行事の深い意味を知り、とても興味深く面白かったので、迷わず続けて(秋・冬)を受講しました。
マナーについては、『しぐさとマナーのコツ』をはじめとする井垣先生の著書を読んでいたにもかかわらず全く「出来て」いませんでした。あらためて講座で、生で教わることで理解が深まり、手紙や贈り物など実際に行動できるようになりました。年中行事は(春・夏)に続き、奥深い意味を知り、ご先祖様や命への感謝が増えました。「日本人に生まれて幸せ」と心から思います。また最終日に先生がおっしゃっていた通り、毎月決まった日に「飾りつけ」に取り組むことで、教わったことを「行動」に移す習慣が養われたと思います。

年中行事については、「ひな祭り」など良く知られている行事のときだけ、少し家に小物を飾りつけたりはしていましたが、全く意味を知らずただ可愛いからと飾っていただけでした。

マナーについては、知らないことが多く、自信がないため、お中元やお歳暮なども「見てみぬふり、知らないふり」をしてやりすごしていました。受講後は、正しいマナーを教わったことで、社会人として自信が出来ました。
毎月、年中行事の飾りつけを考えるのは楽しく、生活にうるおいが生まれました。ご先祖様や神様、命への感謝を「形にして表す」行事が毎月あることで、感謝の気持ちが自然にわきおこり、毎日たくさん言っている「ありがとう」の言葉にも、気持ちがこもるようになりました。

相手への思いやりを形にする「マナー」。自然、命への感謝を形にする「年中行事」。思いを形にすることの大切さを学ばせていただきました。感謝の大切さを普段から説いておられる井垣先生だからこそ、マナーや年中行事も「感謝」を軸に教えられるのだと感じました。最高に楽しく、深い学びを頂いた一年間でした。
(柏谷さん 45歳 内科医師)

 

【マナー美人塾】(秋・冬)に参加してみようと思ったきっかけは、【マナー美人塾】(春・夏)に参加させていただいて、私自身だけでなく、子供達や家族にも大変良い影響がありました。

マナーも年中行事も大変深い内容で、毎回目から鱗が落ちました。年中行事を学んで視点が変わり、美しいものへの感度が高まった所に、新しくマナーと四季折々の日本文化を教えていただき、宝石箱をひっくり返したようなワクワク感がありました。そしてご先祖様への感謝の気持ちから、心の清らかさの純度が高まりました。

受講前は、自分自身の対人関係やマナーに自信がなく、常に相手に失礼がないかを気にするあまり、内心ビクビクしていました。そのため、心を開いて人と付き合うことがなく、どこか表面的な付き合い方しかできませんでした。年中行事については、深く理解しないまま、ポピュラーなものだけを形式的に行っていました。

受講後は、マナーの根底に流れる「心」を学ぶことができたので、いかなる場面でも柔軟に最善の対応ができ、対人関係が驚くほどに改善していきました。心を開いて人と付き合えるようになり、人間関係を心から楽しめるようになりました。

年中行事の家族への好影響は絶大で、特に子供達の精神的成長は目覚しく、自己肯定感が高まりました。家族、親族全体の人間関係も良くなり、日々の生活が心身ともに驚くほど、彩り豊かになりました。
(安田さん 40歳 主婦)

 

【マナー美人塾】(秋・冬)に参加してみようと思った理由は、一年を通して年中行事を学びたかったから。大人の女性としてのマナーを身につけたかったから。
講座に参加してみて、すぐに実行できるマナーをタイムリーに教えていただき、教わるたびに行動し、できた自分が嬉しかったです。年中行事は、毎回知らないことばかりで、知った後、街の景色が変わり、輝いて見えた。

【マナー美人塾】受講前は、マナーも知らぬまま「今までそうだったから」「皆がやっているから」と何も考えずに過ごしていた。年中行事も、「子供がいる家庭がやること、なくても生きていける」とまったく意識していなかった。
受講後は、マナーを知ることで、毎日の自分が楽しく自信がついた。年中行事を学ぶことで、毎日に彩が増えた。言葉、食べ物、身の回りのものの見方が変わった。
(松永さん 37歳 会社員)

 

【マナー美人塾】に受講したきっかけは、【会席料理マナー講座】でした。一品一品出されるお料理に何故その旬の食材が使われているのか?どんな思いが込められているのか? 井垣先生が丁寧に教えてくださり、もっと深く学びたくて【マナー美人塾】(春・夏)に参加しましたところ、楽しさと感動を覚え、継続して学びたいと思い【マナー美人塾】(秋・冬)も参加させていただきました。

マナーに関しては、形式的な捉え方をしていたことがとても恥ずかしく、正しいマナーを知ることで、人間関係も円滑になりました。色々なシーンにおけるマナーを更に学びたいと思い、これからも受講していきたいと思います。

参加してまず思ったことは、「マナー」も「年中行事」もこんなに深い意味があったのだ、と驚きと感動の連続でした。今までの私にとっては、「形式的な季節の行事」または「季節の飾り」という認識しかありませんでした。学んでいくうちに自分の心が澄み渡り、一つ一つの年中行事を行うことで収穫の神様、ご先祖様、今生かしてもらえている命、季節ごとの旬の食べ物、家族のありがたみ、自分に関わる方々への感謝!!全て感謝につながりました。井垣先生は「心」を育てて下さっている、という実感と感謝でいっぱいです。

【マナー美人塾】受講後は、全てにおいて「形式」だったものが「真心・誠意」に変わりました。
教えていただき学んだことを「飾りつけ」として都度励行することで習慣となり、受講生の方々の作品を拝見することで、理解とセンスを深められる!自分自身への伝わり方も変化し、感動力がどんどん成長していっている喜びも実感している今日この頃です。まだまだ未熟ですので、来年も井垣先生にご指導お願いしたいと思っています。
(高橋さん 62歳 主婦)

 

『【マナー美人塾】(秋・冬)に参加してみようと思ったきっかけは、元々季節の移り変わりを意識することや、年中行事にはとても興味を持っておりましたが、今年5月に開催された【会席料理マナー講座】に参加させて頂いたことにより、さらに受講したいという気持ちが強くなったからです。

講座に参加して、年中行事がこんなに深い意味があったのだと知ることができ、日々の生活がより充実し、楽しいものとなりました。そして、同時にマナーを教えていただいたことにより、マナーを知ること、そして行動に移すことの大切さを知ることができました。

【マナー美人塾】受講前は、年中行事の中で元々知っている行事(ひな祭り等)に関しては、見よう見まねで飾りつけをしていた。マナーについては、わかっているようでわかっていなかった。

受講後は年中行事のことを知ることにより、日々の生活がより充実している。季節の移り変わりにもより敏感になった。感性が磨かれ、周囲の方から「女性性が強くなった」「美しくなった」と言われた。周りの方々への感謝の気持ちがより強くなり、人間関係もより良くなった。
(西田さん 33歳 歯科医師)

 

【マナー美人塾】(秋・冬)に参加してみて、年中行事に関係している旬の食べ物、植物、物の色や形、数字、縁起かつぎのものを学んだことで、デパートや商店街の飾りつけを立ち止まって見るようになりました。「マナーは、わかっている、出来ている」と思っていたことが、全く出来ていませんでした。

【マナー美人塾】受講前は、伝統の奥深さがわかりませんでした。自分の地元の良さが全く分からずにいました。【マナー美人塾】の回を重ねることで、良さを感じました。その土地に生まれ育ったことに誇りを感じています。ご先祖様・家族・地域の方々の大切なつながりがあり今、生きていられます。素晴らしい日本伝統を学んだからこそ地元の価値に気付けました。
(遠藤さん 46歳 会社員)



PAGE TOP